多様な人材が活躍する職場

大型構造物製作を深化させ、バイオマス建設分野にも挑戦。 社員の成長が、その原動力になる。 -金田コーポレーション-

金田コーポレーション株式会社

企業の基本情報はきら☆おかへ

金田コーポレーションは近年創業70周年を迎え、製鉄所やエネルギープラント向けに設計、製作、組み立て、運搬、据付工事までのトータルサポートで大型設備の供給をしています。中国大連にある合弁会社で売上の7割を製作し、日本で組立、検品し納品します。岡山本社は大臣認定工場(Mグレード)として品質は自負しています。
工業岸壁が近い立地から、海上輸送での納品も可能です。
昨年特定建設業を取得し、今後は既存事業の拡大に加えて、バイオマス建設の全国展開を目指し、バイオマス関連部品を開発など高付加価値へのチャレンジも視野に入れています。

代表取締役社長 畑島 美緒 氏

【事業の現在】
海外工場を活用し、品質とコスト・納期のバランスを保つ。

玉野市・宇野港の北に位置する田井地区。国際貨物の通関も受けられる田井の岸壁から200mの位置に、金田コーポレーションの工場がある。
同社が製作するのは、製鉄所・発電所用の大型タンクや架台、パーツなど。小さな製品でも数m、時には数十mにも及ぶ大型製品を手がける同社にとって、国際港への距離の近さは強みになる。
「当社は案件の7割を、中国の合弁会社・協力会社で製作します。中国で巨大な構造物・建築物を造り、船で日本まで運び、組立・検査を行う。そして国内のお客様へは、陸海の物流を使い分けて納品するのです。海外生産と海上輸送を取り入れたスキームによって、品質・コスト・納期をバランスよく保つことができています」
と代表取締役社長・畑島美緒氏は胸を張る。
中国には自社の社員を常駐させ、製造品質を担保する。また設計から製作、組立、運搬、据付まで一貫して行う体制を整え、様々なニーズに柔軟に対応する。加えて同社は、鉄骨製作における国土交通省認定のMグレードを取得している。これは建築鉄骨の品質(特に溶接)を評価するもので、6階以上の中高層建築にも携われる技術力を示す。Mでないと大型製品を造れないわけではないが、顧客の安心感につながっていることは間違いない。

【将来の方向性】
鉄骨構造物製作のノウハウを活かしバイオマス建設分野に進出。

同社が掲げる次のビジョンは、既存事業のさらなる深化と新規事業へのチャレンジだ。
「既存事業の深化」では、老朽製品の更新に着目する。製鉄所やプラントの各パーツが老朽化すると補修・交換が必要になるが、図面は何十年も前のもので読み取りにくい、というケースが多々ある。また、過酷な環境の中でパーツは変形するため、過去の図面通りにパーツを製作しても、新しいパーツと古いパーツの接合がうまくいかない場合もある。
そこで同社は、3Dスキャナを使って現地でパーツを計測。それを図面に落とし込み、現場の状況に合った効率的な更新を行う技術を確立した。これを基にしたパーツの更新提案を普及させたいと考えている。
一方、新規事業として取り組むのが“バイオマス建設”だ。バイオマス事業を推進する会社と手を組み、海外製の機械を利用した大型バイオマス施設を日本各地に建設する。第1号施設は和歌山に誕生予定で、その後は広島・群馬へ展開を見込む。
「バイオマス設備の建設には、鉄骨構造物製作のノウハウがそのまま活かせますから。建設に必要な特定建設業の認可も取得済です。しかしこれらの動きを軌道に乗せるには、人材の育成が欠かせません」
と畑島氏は語る。

総務部 原田 有美 氏

働き方改革
会社のため”ではなく“社員自身の人生のため”に、環境を整備。

製造現場の経験がない自分の役割は、社員が楽しく働けるよう環境を整えること。そう自覚する畑島氏は、いろんな工夫に取り組んでいる。
その一つがIT化だ。溶接や組立を行う製造現場では、パソコンを使えない人が珍しくない。しかしIT活用は、情報共有や生産効率化を進めるために不可欠だ
「そこでリーダークラス以上にパソコンを貸し出しています。職級が上がる際、パワーポイントで自分の仕事目標をまとめ、上司にプレゼンさせることも始めました。溶接の世界で20年以上やってきたある社員は、初めて触るパワポに四苦八苦。しかしプレゼンが近づいた頃、彼のパワポを見ると、驚くほどいいものを作っていたんです。40代になって新たなスキルにチャレンジした彼の姿勢に、感動しました」
他にも様々な環境整備に余念がない。典型的な“作業着”だった現場ユニフォームを“デニム地”に一新。事務の女性職員にはスカーフを支給し、雰囲気を明るくした。また社外の専門家(僧侶)によるメンタルケアも用意するなど、できることは何でも取り入れる。
総務部で営業サポートに従事する原田有美氏は、
「子どもが急に体調を崩した時、社長も職場の同僚も“遠慮なく休みなさい”と言ってくれます。社長自身が子育て経験者だから、お互いにカバーし合う雰囲気が自然と生まれているんです。社外のお坊さんと話すメンタルヘルスケアも楽しいですよ。社内で話せないデリケートでプライベートな質問にも誠実にこたえてもらえるので、自分を見つめ直すきっかけになっています」
と笑う。
“会社のため”ではなく“社員自身の人生”のため、成長できる環境を用意したい、と語る畑島氏。社員が成長すれば、会社の成長はついてくる。既存事業の深化や新規事業も可能になる。畑島氏はそう確信している。

デニム地のユニフォーム。「着心地が良くてかっこいい」と現場の社員からも好評。背中にはコーポレートスローガンの「馬龍精神(馬や龍のようにエネルギーが満ち溢れ、好奇心も旺盛でたくましくチャレンジする精神の持ち主)」が刺繍されている。


関連記事

  1. 自動車・航空機で培った技術を基盤に、次の柱を創造。 そのアイデアは社員…

  2. -オサカダツール-

  3. キャリアパスの“見える化”で技術者の成長を促進し ナノレベルの“溶射”…

  4. “微生物”で世界に貢献。そのビジョンを共有し“創造性”育成のための環境…

  5. -田中製作所-

  6. -妹尾旭工業-

PAGE TOP